拒食症 症状

拒食症・無食欲症、食事が摂れなくなる摂食障害に見られる様々な症状

精神的なストレスや過剰なダイエットから起きる「拒食症」は、知らない間に体を蝕んでいきます。

拒食症は「神経性無食欲症」という正式名称にもあるように、食欲がなくなり食事が摂れなくなることを主な症状としていますが、拒食症には他にも様々な症状が見られます。

まずは体重の減少です。拒食症になると食事が摂れなくなりますから、自然と体重は減少していきます。通常の状態でも食事を摂らなければ体重の減少は起こるものですが、拒食症の症状では体重が著しく減少していくことが特徴的です。

私達には身長や年齢に適した「標準体重」というものがありますが、拒食症患者の場合は標準体重から”20%も減少していることが多く見られています。

ダイエットをしている場合は体重を気にすることが増えますが、拒食症を発症している人には体重が異常に減っているにもかかわらず「もっと減らさなきゃ」とダイエットを続けてしまう、といった行動がよく見られます。

そして、このような場合は自分では拒食症だと気づいていない場合がほとんどですから、この異常な状態に誰かが気づいてあげなければなりません。

拒食症は患者本人の力だけで治せる症状ではないので、家族などの周りの人達の協力が重要となるのです。

また、食事を摂らなくなるという行動は、体重減少の他にも思考能力の低下や運動能力の低下も引き起こします。食事を摂らないのですから、頭にも体にも栄養がまわらなくなり、1日に使うべきエネルギーも蓄えられなくなってしまうのです。

これでは仕事も勉強も身に入らず、ひどい場合は普通に歩くこともできなくなってしまいます。

「食べる」ということは、私達が生きていく上で必要不可欠なことですから、拒食症を回復させるためには食事を摂ることについて、改めて認識を変えることが必要になります。

「食べる」ということの素晴らしさやありがたさについて、考えていくことも治療の一つなのです。このような症状も家族全体で解決していきましょう。

この他、拒食症は食事が摂れなくなるだけではなく、食事を摂ろうとしても食べ物を受け入れられない体になってしまっています。そのため、食事を摂れたとしてもすぐに嘔吐してしまう症状もよく見られます。

食べて嘔吐する、この行為を繰り返していくことで胃酸が過剰に分泌しますから、歯がもろくなったり虫歯ができやすくなることもありますし、のどに指を入れて嘔吐をすることで手の甲に「吐きダコ」ができてしまうこともあります。

また、嘔吐を繰り返す患者の特徴としては、普段から言いたくても言えないことを心の奥に抱えている傾向が強く、嘔吐することが心の中にあるわだかまりを吐き出すことの代わりとなっていることもよく見られます。

拒食症は何らの精神的ストレスが原因となっているため、どんな症状がある場合でもその症状の原因であるストレスを緩和させていくことが症状を改善していくために必要となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加