拒食症 克服

つらい拒食症を乗り越える!拒食症を克服するために大切なこと

拒食症の症状は患者である当人にしかわからない程つらいものです。食事が摂れなくなる、体重が激減する、食べても嘔吐してしまう、憂うつな気分になるなど様々な症状に襲われます。

このような症状が現れる原因も様々で、軽い気持ちでダイエットを始めたことから拒食症になることもありますし、精神的なストレスを抱えていることが原因で拒食症を発症することもあります。

特に10代020代の女性に多く見られる症状ですが、稀に男性でも拒食症になることがあります。そして自分では気づかないうちに拒食症を発症していることもあるのです。

しかし、どんなにつらい拒食症でも克服していくことはできます。もちろんすぐに完治するわけではありませんが、治療を続けていくことで治していけるものなのです。

そのためには拒食症を抱えている患者自身の「拒食症を治したい」という強い思いが必要になります。拒食症は精神的な問題が大きく関わっている疾患ですから、患者自身の考え方から変えていかなければ完治には至りません。

拒食症患者の特徴として、食事に対する考え方や痩せることに対する考え方に異常が見られる点があります。

たとえば極端にカロリーの低い食べ物しか食べてはいけないと考えていたり、反対にカロリーの高い食べ物は絶対に食べてはいけないと拒否していたり、食事に対して誤った認識をしていることが多く見られます。

また、痩せることに対しても体重や体型の認識に異常が現れていきます。拒食症患者は自分が思う「痩せる」ということは過剰である場合がほとんどで、体重を極端に軽くしたいと望んでいたり、体がガリガリに痩せ細ってしまうまで痩せることがキレイであると考えてしまいます。

そのため通常では考えられない程体重が激減してしまい、とてもキレイに痩せているとは言えない状態にまで陥ってしまうのです。

こうした考え方は精神的な問題と深い関わりがあるため、患者本人が抱えている悩みやストレスと取り除いてあげながら、食事法や痩せることについて改めさせていくことが大切です。

拒食症になった原因を取り除かなければ症状は悪化していくばかりです。まずは症状が発症してしまった原因となっている問題を取り払っていきましょう。

そして拒食症を克服をしていくためには患者の周りにいる家族や友人の助けもまた必要となってきます。

拒食症を発症した患者のほとんどが人間関係の悩みを抱えているため、人間関係の改善をすることで拒食症を克服へとつなげていくことができるのです。

特に一緒に住んでいる家族の助けを一番必要としていますから、患者が抱えているつらさを取り除き克服へ向かうためにも家族の皆さんは一番に味方になってあげてください。

拒食症は一人で治すには難しいものです。また、薬などで簡単に治せるものでもありません。悩みやストレスの解消と人間関係の修復、そして患者自身が自信を取り戻すことが拒食症克服への第一歩です。

このエントリーをはてなブックマークに追加